昨年の9月6日、胆振東部地震で停電した時のこと。私の家では停電以外の被害はなかった。
 その日の夜、家の周りは真っ暗だった。だから、友だちと家の裏の河川敷に行ってみんなで空を見上げた。
 空には、いつもなら見えないような細かい星が見えた。時間がたつにつれ、星の数はどんどん増えていった。みんなで話しながら見ていると、すーっと、流れ星が見えた。私たちから「おぉーっ」と、声が出た。その後、もう一度流れた。映画やアニメで見た星空の景色が目の前に広がっていた。すごくきれいだった。
 今、私の周りはスマホなどの、人が作った光しかない。そういう光もきれいだが、ずっと前からある、自然の光には勝てないと、あの日の星空を見て思った。
 ほんの少しでいいから、外に出て晴れている時の星空を見てほしい。