友だちといると、どんなうれしいことがあるのだろうか。友だちとは、どんな存在なのだろうか。
 私は、友だちとは「大切な存在」だと思います。なぜなら、友だちがいないと一緒に話すこともできないし、一緒に帰ることだってできないからです。
 最近はインターネットで顔の知らない相手と話すことが多くなっていると思います。それは、友だちになったと言えるのでしょうか。私はそうは思いません。
 顔の分からない人物はどのような性格か、どのような人か、当たり前だけど分かりません。「今度会おう」と言われて店に行ったらいないとか、事件に巻き込まれたなどのニュースをたまに見ます。それはネット上で、友だちになったつもりでいるからだと私は思います。
 顔の分からない人物は、友だちと言わないと思います。