私は友だちとは不思議なものだと思います。なぜなら、友だちはいつの間にか、自然とできているからです。「友だちになろう」などと直接言って友だちになる場合もありますが、ほとんどは自然と気づかないうちに友だちになっています。しかし、自分は友だちと思っているけれど、相手はどう思っているんだろうと考えるときもあります。
 友だちとは私にとって、かけがえのない存在です。親にはできない相談をしたり、たまに遊んだり、学校生活をする上で一緒に行動をしたりなどします。
 時には裏切られたりもして、悔しくて、悲しくて、とてもつらい気持ちになります。でもそれをマイナスに考えるのではなく、ポジティブに考えます。いつまでもそのことを引きずっていたら、新しい出会いもなくなってしまうかもしれないからです。改めて友だちとは、不思議で、とても大事な存在だと私は思います。