小学校に入学した頃、「友達100人できるかな」という言葉を実現しようと、よくいろんな子と話して、交友関係を広げていました。
 ですが、最近よく考えるのは、友達は人数いれば良いわけではなく、少ない人数で深い関係を大事にしようといったほうが良いのではないかということです。
 たくさんいて全員と仲良くできるなら良いのですが、大体の人はそこまでの人間関係をうまく作れないと思います。逆に、少ない人数なら意気の合う人を見つけやすく、もっと楽しく生活することができると思います。
 なので私は、「友達100人できるかな」という言葉より、「大事な友達できるかな」ということをたくさんの人に広めたいと考えました。