雪かきは大変です。いっぱいふると、屋根からも落ちて積もるし。
 ぼくは家や近所の雪をかかないといけません。今まで7、8回かいて、いつも2時間くらいかかっています。かいた雪は近くの川になげるので、川にも雪がつもっています。
 雪がやわらかくて軽いときには、すぐに雪かきができます。でも、あまりにも雪が多いときは、ちょっとだけ本気を出してかきます。「すいすい」じゃなくて、「はあっ!」と力を入れてかいています。雪が固まっているときは重くてすごくつかれます。たいへんすぎて背中をいためたときは雪にすわって休みます。
 ぼくが「雪かきをやらなきゃ」と思った理由はひいおばあちゃんがやってこしをいためたら困るからです。また、いつもより雪が多いときは雪かきをしないとママが運転する車も道路に出られないからです。さらに近所の人がぼくの家に用事があっても来られないからです。だからぼくは、みんなのために、これからも雪かきをがんばろうと思います。