学校行事はとても楽しい。しかし、私にとっての学校行事の楽しさは、単に「楽しい」という意味ではない。
 私は、これまでに多くの学校行事に関わってきた。例えば中学の時の合唱、高校での学校祭、そして球技大会。どれも本当に楽しかった。合唱をした時は、クラス全体のバラバラだった歌声が当日にはしっかりとまとまり、大きな感動が沸き起こった。学校祭では、何を作りどんなことをするのか、何もないところから最後には大きな達成感が生まれた。球技大会もこれらと同様だ。
 これらの過程の中には、もちろんたくさんの衝突や困難があった。しかし、相手のことをしっかり見つめ、その人にしかない良さを知ることもできた。感動も達成感も悔しさも困難も、全てがあって私は「楽しい」と感じる。それは他では味わうことのできない経験だ。学校行事が終わった今だからこそ伝えたい気持ちだ。