とてもつらく楽しい3年間だった。
 私は野球部に所属していた。真剣に甲子園を目指していた。だからもちろん練習もきついものが多かった。「何でこんなに走るんだよ」などの文句をたれたのは一度や二度ではない。しかし、そんな練習よりもつらかったことがある。
 2年の夏、2年生全員がベンチ入りした中、私だけ外れたことだ。私に替わり1年生が入った。当時の3年生には恩義を感じていて、一緒に戦いたかったので、ショックは大きかった。
 3年生が引退してからも、私はレギュラーにはなれなかった。何度もあきらめそうになった。そんな時私を支えたのは、周りの応援や期待だった。とにかく一生懸命に部活に打ち込んだ。
 その努力が実を結んだのは3年の夏で、レギュラーで試合に出られるようになっていた。頑張れば何とかなるということを学んだ3年間でもあった。