親、友達、先生、誰でも良い、誰かの言葉で勇気づけられたこと、元気づけられたことがあるだろうか。
 私は今、看護師を目指している。注射をするだけ、点滴をするだけ、技術があるだけが私の目指している看護師ではない。患者さんがつらいとき、苦しいときに、声をかけて励ましたりするのが看護師だと思う。私の一言で傷ついてしまうことがあるかもしれない。もしかしたら、患者さんの人生が変わってしまうかもしれない。だからこそ、私は言葉を大切にしたい。自分の発言に責任を持てるようになりたい。
 でも、それは看護師になったからできるわけではない。今から意識して気をつけることが大切だと思う。先生や友達、そして親に対する言葉。誰に対しても同じだと思う。
 これからは自分の発言をしっかり振り返るようにしていきたい。それが私の目指す看護師への第一歩だと思う。