私は3年間、ボランティア活動に参加しています。今年の3月、ボランティア活動で東日本大震災の被災地、宮城県石巻市の仮設住宅に行きました。
 仮設住宅に住んでいる住民に、自分たちが作ったカレーライスを提供したり、会話を交わしました。そこで高齢者の方から震災の様子を聞くことができました。仮設住宅に住む子供と交流することもできました。
 私は被災地に暗いイメージを持っていましたが、石巻市の人は明るく親切で、分かりやすく震災の話をしてくれました。子供たちが笑顔で遊んでいる姿を見ることができ、逆に笑顔をもらいました。
 これらのことから私は思うのです。人を笑顔にするために始めたボランティア活動ですが、今ではいろいろな人から私が何度も笑顔にしてもらいました。