大人、とくに高齢の人が僕たち高校生や若い人を見て「最近の若者は」と言うのをたびたび耳にします。とくに僕たちが失敗したときや悪いことをしたときに言っていると言う印象があります。そこで、僕はなぜこのように言われるのだろうと考えました。
 一番の原因は、礼儀や言葉の使い方のせいではないのかなと考えました。昔の人に比べ今の若い人は、先輩に対する態度やマナーの悪さで、大人に「若い頃の自分の方がしっかりしていた」と思われてしまい、「今の若者は」と言われてしまうのではないかと思いました。しかし、僕たちのような若い人も、悪気があってやっているわけではないということを少しでも分かってもらえないかなと思います。
 僕が大人になったときは、若い人にそういうことは言わないと決めています。