いつも何げなく過ごしていた人がいなくなる。それはすごく悲しいことだ。
 私は祖父を亡くした。いつも普通に話し、過ごしていた人が突然いなくなった。
 亡くなって、1週間たっても祖父が「死んだ」という実感がなく、夢を見ているんじゃないかと思うほどだった。正直私は祖父があまり好きではなく、避けているところがあった。心配してくれたり、優しくしてくれるのはうれしかったが、自分の中ではちょっとおせっかいだった。でも祖父を亡くし思った。「もっと話してればよかった。遊んでもらえばよかった」と、後悔ばかりが頭の中を回っていた。私はたくさん泣いた。
 そして祖父を亡くして一番大事なことに気づいた。いつも何げなく過ごしている人でも、いつか「死」が訪れ、その時に「この人に会えてよかった」と思えるかだ。私は祖父に出会えてよかったと思う。そして、またどこかで会えることを楽しみに願っていたいと思う。