私は中学2年になって自分の将来を考える時間が増えた。その中で、高校を調べていて気になる情報の一つに登校時の格好があった。もちろん私服で通うところもあれば、制服のところだってある。でもその違いはなぜなのか。そんなことを考えていたとき、家庭科の授業で衣生活を学ぶ機会があった。
 授業では、私たちは社会に出たときに正装を着る習慣を身につけるため、制服を着ると言われることが多いということを学んだ。確かに、警察官など普段制服で働いている人が私服で働いていたら印象は随分変わるだろうし、制服であったほうが引き締まった印象で信用できるように感じる。
 そしてその信用というのは、大人になれば人間関係を築く上で最も大切なものだと私は感じる。私たちは意識しない中で、大人への道を制服というものからも歩み始めているのかもしれない。