みなさんは、「食品ロス」を知っていますか。「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられる食品のことです。日本では、たくさんの食品ロスが発生しています。これを、日本人1人当たりに換算すると、1日に茶わん1杯分のご飯が捨てられていることになります。すごくもったいないですよね。では、今日からできる、食品ロスを減らす方法を紹介します。
 一つ目は、買い物をする前に、冷蔵庫の中身をチェックすることです。こうすることで同じものを買ってしまい、捨てるということが無くなります。二つ目は、残っている食材から使うことです。これをすることで、消費期限が過ぎて食べられないということが少なくなります。三つ目は、野菜や果物の皮を厚くむかないことです。厚くむくことで、食べられる部分を捨てることになってしまいます。
 大切なのは、「もったいない」という気持ちです。この気持ちを大事にして、食品ロスを減らしていきましょう。