私は小学生と中学生の間、学校に通うことができていなかった。人間関係の悩みやいじめなどによって、次第に学校に通うことが困難になっていったのだ。しかも通わない日々にも苦しみがあり、学校に行かなければならないのに行っていない自分を責める気持ちとの闘いがあった。
 小学生、中学生のそのような日々を経て、私は定時制高校に進学した。入学当初は通える自信が全くなかった。「またいじめられるのではないか」という恐怖があったからだ。
 しかし、この学校には、自分と同様の経験をしてきた人がたくさんいて、助けてくれた。おかげで生徒会や部活動など充実した日々を送ることができ、通学することができている。この学校が私の人生を変えてくれたのだ。
 私はこの高校での出会いに感謝し、恩返しの意味も込めて、進路に向けて努力していきたい。