「目標を持つことは大切だ」。だれもが言う。でも、僕は「その時の自分の全力を出しさえすればいい」と思っていた。なぜなら、小学3年から始めたラグビーでは目標を持っていなかったが、中学では北海道選抜などに選ばれていたからだ。
 ところが、高校ではそれは違うことを思い知らされた。高校選抜には選ばれなかったのだ。目標がなかったので努力を怠り、自分に何が必要かも知らなかった。そう考えて初めて目標を持つことの大切さを知った。苦手なパスを得意にしようと、練習でもパスタイミングの見極めをしっかり図ることに重点を置いた。すると、試合で味方に有利なパスを放つことができ、成長を自覚できた。
 確かに目標を持たなくてもうまくいくこともある。が、すぐに限界が来る。今、僕は再び選抜で選ばれることを目標に、さらに一歩ずつ成長できるよう練習している。