高くておいしい、安くておいしい、高くてまずい、安くてまずい。食べる物にはたくさんの種類があるが、みなさんは高い物と安い物だったら、どちらを「食べたい」と思うだろうか。
 僕はできれば高い物の方を食べたい。例えば肉。今日は高い肉だよと言われるか、安い肉だよと言われるのとでは、肉に対する印象が大きく違う。ご飯の進む量も全然違う。本当は同じ物だとしても、高い物と安い物とでは、感じ方が全然違うと思う。高い物の方が、それに特別な意識ができ、また食べたいと思う。普段はあまり好んで食べないものでも、「高い○○」とつくと食べたいと思うこともあるだろう。
 味や見た目、匂いなども食べ物を評価するのには大事なことだが、高級レストランであるものを食べるのと、普通のレストランで同じものを食べたときに感じ方が違うように、「食」は見た目や味などの他に高級感のようなものも、大きく影響すると僕は思う。