私が生きている中で一番幸せを感じるのは、家族みんなでご飯を食べているときです。たわいのない会話でも、家族全員そろってご飯を食べられることは、本当に幸せなことだなと、いつも思います。
 私は習い事をしていて、夜遅くに帰る日があります。その日の夜ご飯は、1人で食べます。普段、家族全員で食べているので、無言で1人で食べるのはとてもさみしいです。でも、いつも温かいご飯を作って起きて待っていてくれる母には、すごく感謝しています。ご飯を食べるのが1人でも、温かいご飯が準備されていると、心がホッとします。
 ご飯を家族みんなで食べられるのは当たり前なことではない。だから、作ってくれる人にも、家族みんなで食事ができることにも、感謝して生活するべきだと私は思いました。