私はテレビ局に一言申したいことがある。それは視聴率を優先するあまり、内容に面白みがなくなっているのでは、ということだ。
 今日のテレビは、撮影機器の進化により昔と比べ、言うまでもなく画質、音質共に向上している。しかしだ。テレビ局は視聴率優先で、見る方よりも自分たちの利益優先でテレビを使うから、内容が乏しいなんてことになっているのではないか。また、クレーム対策の結果としても面白みがなくなっているのだろう。
 これらを踏まえ考えるべきことは視聴率の件やクレームに対して動じすぎず、「意志のあるところ、道あり」と言うようにぜひとも強い意志を持ち、番組内容が向上するよう頑張ってもらいたい。