私は油絵を描いている時間が一番好きだ。その時間が生活している中で、一番「静か」な時間になり、心が安らぐからである。自分とキャンバスだけの世界に入り、周りの音が遠い場所から聞こえる感覚が心地よい。
 油絵は、色を何度も塗り重ねて濃淡を描き、いろいろな色を組み合わせて完成させていく。例えば「リンゴ」を描くときは、ただ赤を塗るだけではなく、青系の色や茶、緑などの絵の具をのせていく。そこには、なかなか言葉にはできない感情を表すことができる。試してみたいことがたくさんあり、集中できる。私はそんな時間が大好きだ。
 油絵を描いている間は、嫌なこと、困っていること全て忘れる。そして心を表現することができるすてきなものだ。