自分にとって食べるというのは、満腹になるためだけではなく、自分を強くするための練習の一つだとも考えています。自分はハンドボール部に入っていて、一試合一試合とても激しく消耗します。体が強くないとプレーの最中に接触や衝突をしたり、けがをしたりして危ないので、少しでも多く食事を取ることで体を強く丈夫にしなければなりません。
 しかし、自分は小食なので、食事を多く取るのがあまり得意ではありません。サプリメントで栄養をとることもできるのですが、それだと体を大きく強くするのに限界があります。また自分が頑張ったという感覚にならないので、やっぱり多少は無理をして食べるのが大事だと思います。そうやってキツいことをすると、体だけではなく心も成長することができるので、やはり食べるというのは練習の一つだと自分は思います。