日本から一番近い国、韓国。昨年11月に日本青少年訪韓団として訪れた時の感動は忘れられません。韓国の人たちの優しい人柄に、辛さがおいしいご飯。ハングルの面白さ。日本に韓国が好きな人がいるように、韓国にも日本が好きだという人がたくさんいました。もちろん私も韓国が大好きです。
 そして一番大切なこと、国際交流とは何かを学びました。それは相手を知ろうとすること。認め合うこと。毎日のようにメディアで反日デモや慰安婦問題が取り上げられ、見るたびに悲しくなります。日本に韓国料理やK-POPなどが浸透しているにもかかわらず、政治的な心の距離は遠いままです。
 しかし何の隔たりがあろうと、人と人とのつながりを築くことはできます。韓国に限らず世界中の人々と笑い合える日を、同じ「人」として国境を、言葉の壁を、心の壁を越えた日を目指したいです。