「いただきます」「ごちそうさま」を言うことは食べる上で必ず必要なことです。これらの言葉には二つ意味があると思います。一つ目は作ってくれた人に向けて、二つ目は食材に対してです。
 ふだん当たり前に食べている朝食、夕食。さらに、私たち高校生の立場で言えば、毎日親が作ってくれる弁当。その一つ一つに対し「いただきます」「ごちそうさま」をしっかり忘れず、私は感謝の言葉を大切にしています。
 食材への感謝も大切です。私が好きな焼き肉では、たくさんの命をいただいています。牛は食肉にされる前、涙を流すそうです。それを聞いて、とてもかわいそうだと思いました。しかし、私たち人間が生きていくためには食べることが必要です。なので、私たちにできることは残さず食べることと感謝です。