昨年の秋頃、私の母は入院した。母は腰の痛みから3週間ほど自宅を空けた。母の代わりに父がご飯を作ってくれることに…。正直、父の手料理は、あまりおいしいと言えるものではなかった。
 母の手料理はいつもおいしかった。栄養のバランスや疲れを取るものを考えて作ってくれた。特に私が何かあった時には、腕を振るってくれた。私は母の料理が大好きだ。
 母の腰の痛みはまだ治っておらず、再び入院するかもしれないし、手術をするかもしれない。そんな時にも母の代わりになれるようになりたい。そのためには、母がいる間、しっかり家の味というものを教えてもらいたい。毎日のご飯を食べる時は母に感謝するのはもちろんだ。