私の中学校では、全学年の給食の残量を減らす運動をしています。給食の献立表に残量の記事を載せたり、廊下に減らす掲示をしたりして呼びかけをしています。
 昨年8月の給食の残量は約69キロでした。この月は一日に10キロ残された日が3日間もあったそうです。
 しかし、9月には残量がもっと増えました。130キロを超えていたそうです。8月に比べ70キロ上回りました。この結果を見てからクラス全体でなるべく残さず、食べられる人はおかわりするなどして残量を減らしてきました。すると、10月は109キロで、約30キロの減少に成功しました。献立表にも「この調子です」とコメントが載りました。
 今でも私たちのクラスは一口でも多く、残さず食べるという目標を立て給食を食べています。これからも給食を作ってくれた人に感謝しながら残量を減らしていきたいです。