私は昨年6月から11月にかけて米づくり学習に参加した。学んだことは二つある。
 一つ目は、田植えの大切さだ。せまい面積を25人でやっても1時間近くかかった。昔の人は、ぬかるんだ田んぼでもっと広い面積に苗を植えていたことを考えると、すごく苦労して田植えをしていたんだなと感じた。
 二つ目は、稲刈りの大変さだ。稲刈りだけでも負担なのに、その後ひもで結んで乾かさなければならないので、とても大変だった。脱穀作業の後に、稲に米が残っていないか、足元にお米が落ちていないかを確認し、米を一粒一粒大切にした。
 私は、それまでいつもご飯を残していた。けれど、米づくり学習で学んだことで、お米の大切さを知ることができた。たいたお米も大切にし、なるべくご飯を残さないようにする。