リベリア、チャド、ハイチ。皆さんはこれらの国がどんな国か知っていますか。世界でも貧しい国の上位に入る国なのです。
 私はテレビで、国民の賃金が低く一日を過ごすのもやっとの国や、治安が悪い国の様子を見たことがあります。見た時に「行きたくないなあ」とか「この国の人たち悪そう」と思ったこともありました。
 今考えると、これは差別だと思います。外見は良く見えなくても、中身はとても良い人だということはたくさんあります。外見で「悪い人」と決めるのは、その人をおとしめているのと同じです。治安が悪い国や賃金の低い国に住んでいるから悪い人ということではないのです。
 私はこの文章を書いてみて、今まで良くない思い込みをしていたことに気付きました。これからは人を見た目やイメージだけで判断しないで、中身を知ってから判断していきたいです。