昨年私の学校で、東日本大震災で被災した学生を迎えての講演会がありました。その人は実際に津波から避難したそうです。特に印象に残ったのは、避難訓練についての話でした。
 地震が起きて津波から避難しなければならなくなった時、あまりの恐怖で足が動かなくなったと、言っていました。ですが普段から避難訓練を行っていたことから、何とか足を動かすことができ、その人の学校の生徒は全員無事に避難できたそうです。
 この話を聞いて、普段気を抜いて避難訓練をしていたことが恥ずかしくなりました。小樽は「災害の少ない町」と言われていますが、それでもいつ起きるか分かりません。「災害で死ぬことはないだろう」と思っている人ほど、何か起きた時に対応できないと感じました。
 避難訓練は、命を守るために自分ができることの一つです。しっかりと命を守るために真剣に取り組もうと思います。