待機児童を減らし、保育士や幼稚園教諭が働きやすい社会になることが私の願いだ。私は小さいころから、年下の子どものお世話をすることが大好きだ。泣いていた子が笑顔になったり、「ありがとう」と言われることがとてもうれしい。そして何より小さい子が素直でかわいいと思う。
 しかし、現在の日本では育児放棄をする親が増え、また保育所などに行けない子がたくさんいるのが当たり前になっている。一方で、1人の保育士が多数の子どもを世話したり、長時間労働をしなくてはならなかったりする。
 このままでは、どんどん待機児童が増え、保育士や幼稚園教諭になりたいという人が減るのではと心配だ。だから、どうかたくさんの人に今の日本の状況や状態について考えてほしい。そして、この問題を解決し働きやすい国になってほしい。