私は建築士になりたいので、北海道職業能力開発大学校へ進学します。
 幼い頃から物を作ったり、絵を描くことが大好きだった私は、小学校での図画工作の時間はとても楽しかったのを覚えています。
 将来は洋服のデザイナー、漫画家、イラストレーターなどいろいろな夢を持っていました。しかしどれもイメージしているものと、何か違うと思いました。そんな時、祖父が大工をしていたので、仕事の様子を見に行ってみることにしました。すると「あっ、これだ」と思い、建築に興味を持ち、建築士になりたいと思いました。
 私は将来、祖父のように自分にしかない強みを持った建築士になりたいです。そのためにもしっかり勉強したいと思います。