私は、自分の言うことが人にわかってもらえないことがある。
 家族と話すとき、相手に伝わると思って話していても「言っている意味がわからない」「主語が足りていない」と言われてしまう。そんなときはいつも「どうして伝わらないんだ」といらいらする。その後何度か工夫して話しても伝わらない場合、「もういい」と投げやりになることが多い。
 そして同時に悲しさや悔しさも押し寄せる。「自分はわかるように話しているのに、どうして伝わらないんだろう。でも投げやりになってしまえば、相手も良い気がしないのではないか」と。
 確かに自分の思いが伝わらないときには腹が立つ。でも相手が聞いてわからないなら話す意味がない。だから私は、人に自分の言うことをわかってもらうために、まず自分がアドバイスを生かして、ねばり強く伝わるように工夫して話していくことが大切だと考える。