僕の高校3年間は野球で埋め尽くされている。毎日土まみれになり汗もたくさんかいた。やめたいと思ったことも何回もある。つらい時も悩んでいた時も助けてくれたのはチームメートだった。「やめたい」と思って練習を抜け出そうとした時、止めてもらったおかげで、最後までやり抜くことができた。
 昨年夏、小学校からずっと続けてきた集大成となる大会があった。みんなで甲子園で校歌を歌うことを目標に頑張ってきたから、その大会にかける思いは強かった。そして迎えた支部代表決定戦。延長戦まで続いた試合は惜しくも1―3で負けた。悔しくて悔しくてみんなで泣いた。このチームで甲子園に行きたかった。
 でもこの3年間はいい思い出になったし、一生の友達をつくることができた。この体験を生かして生きていきたい。