皆さんは、ずっと好きでやり続けていることがあるだろうか。私にとって、それは絵を描くことである。
 絵はいろいろなことを表現できるし、ルールはないので自分の個性を生かせる。本を見て練習するのもいいし、独自で頑張るのも楽しい。
 私は絵が「好き」「楽しい」だけでなく、絵に「感謝」していることがある。
 小学5年生の時だ。転校してきた私はずっとひとりぼっちだった。暇で、ノートに落書きをしていたら、一人の女の子に話しかけられた。「うまいね。絵を描くの好きなの?」。私はその子と仲良くなった。絵は仲良くなるきっかけになってくれた。その後も、絵を通じてクラスになじんでいった。
 絵を描き続けることで、いろいろな出来事がある。絵は私の思い出に色をつけた。これからもずっと、絵を描き続けたい。