私の願いは、将来子どもたちに書道を教えることです。
 私は11年間、書道を習っています。この中で私はさまざまな作品、そして字体に出会い、筆と墨を用いて文字を書く楽しさを学びました。また書道は、字を正しく書くことを目的とした習字とは違い、表現が自由であることが一番の魅力だと感じています。昔から親しまれてきた墨と筆を用いて自由に文字を書く楽しさを他者と共有したい、同世代やもっと若い世代の人たちに教えてあげたいと思うのです。
 今年の試験で念願の師範に合格することができ、思いはますます強くなりました。しかし、働きながら教室を開いて人に教えることは難しいと思っています。なので、将来子どもたちに書道を教えられるようになるまで、書道を今よりもっと楽しみながら努力していきます。