「もっと部活を続けたい」「まだキャプテンでいたい」。かなうことはないと知りながら、これが先日までの僕の願いでした。
 僕は野球部のキャプテンを務めていました。最後の大会となった中体連ではチームの目標を達成できず、悔しい結果に終わりました。そのため野球部の引退から数日たち、まだやれるという思いが募りました。
 ただ、新チームの練習や試合を手伝いにいくようになり、それは少し変わってきました。「新チームに僕たちができなかったことを成し遂げてほしい」という願いになったのです。
 僕が自分のかなわなかった願いをほかの人にかなえてほしいと思ったのは初めてです。この願いを実現するためにも、僕が今までの部活動で学んだことをしっかり伝えていきたいと思います。