僕は高校生になってから多くの友達と話すようになりました。小・中学生のころは同じ人としか話さない日がありました。
 なぜ高校生になってから変わったのか。今になってようやくわかった。それは「共感」です。
 人は常に話題の中にいる。その話題を通して共感する気持ちなどを分かち合っている。だから話が盛り上がり、人との距離が縮まっていく。
 僕も高校に入ってからアニメやゲームを知り、気づかないうちに他の人と共感していたのかもしれない。人は何か一つでも話題になるものを持っていたら、簡単に人との距離が縮まるのではないか。アニメやゲームだけでなく、芸能人やスポーツの話など一つでも多く話題があれば、それだけでも仲間が増えると思う。
 これからも僕はいろいろな話題を探して、だれかと共感し合うことで、笑いや会話の絶えない時間をつくっていきたい。