NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

NIEのページ

Page of the NIE

新聞とデジタル 双方に長所*東京でICTワークショップ

ワークショップで参加者と交流する渡辺さん(中央)

ワークショップで参加者と交流する渡辺さん(中央)

 ICT(情報通信技術)を活用した国語の授業ガイド本の出版を記念するワークショップが2月24日、お茶の水女子大付属中(東京都文京区)で開かれ、新聞とICT双方の長所を生かした学習について報告があった。
 ガイド本は「ICTで変える国語授業」(明治図書)。ワークショップは、ガイド本の執筆者12人の一人で同校教諭の渡辺光輝(こうき)さんが主宰した。
 ワークショップの中で、渡辺さんらは、今年1月に同校で行われた、新聞コラムを読み比べする3年生国語の授業について説明した。授業では、成人の日に関する新聞コラム三つを、デジタル画面で見せるとともに記事の切り抜きのコピーを配布して熟読させた。続いてジャーナリスト池上彰さんの新聞評を手本に、感想などの具体的なコメントをパソコンなどに書き込み、生徒同士や生徒と教師の間で内容を確認し合ったという。
 渡辺さんは「新聞は持ち歩きしていつでも読め、複数紙を比べ読みできる」と長所を挙げ、一方で「デジタルは情報を共有し、同時編集できるなどの利点がある」と特長を語った。
 生徒は新聞について「正確」「ネットがなくても見られる」「興味ない記事も読んでしまう」などとコメントを寄せたという。
 ガイド本はICTでの授業づくり、簡単な活用事例など5章で構成。壁新聞作りや新聞作りに役立つ動画資料もある。A5判。157ページ、1900円(税別)。(森田一志)

ページ上部へ