NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

NIEのページ

Page of the NIE

青森でNIE全国大会*被災地 記者の思い考える*怒り悲しみ伝わった*報道の役割 授業で学ぶ

 第16回NIE(教育に新聞を)全国大会が7月25、26の両日、青森市内で開かれた。「読み解く力 新聞で-学校・家庭・地域からNIE」をテーマに教育、新聞関係者約850人が参加。東日本大震災で被災した東北・青森県での開催となり、分科会では震災をめぐる発表が目立った。特別支援教育をテーマにした初の実践発表も行われ、道内からは函館水産高校の山本かおり教諭が取り組みを報告した。

震災の報道を通じて新聞の役割を考えさせる青山茂成教諭(手前)=7月26日、青森市立堤小

震災の報道を通じて新聞の役割を考えさせる青山茂成教諭(手前)=7月26日、青森市立堤小

 青森市立堤小の青山茂成教諭は5年生のクラスで、震災報道を基に社会科の公開授業を行った。取材に当たった新聞記者に聞き取りした内容を児童に伝え、記者の気持ちや新聞の役割などを考えさせた。
 青山教諭は震災のニュース映像などを見せてから「記者は、誰に対して、何のために情報を集めるのだろう」と問いかけた。「被災者との接し方に悩み、普段以上に相手の立場に立って考えた」などと、取材記者2人の思いを各500字前後で記したプリントを配布。地元紙のデーリー東北(青森県八戸市)と朝日新聞の記者から事前に話を聞き、まとめたものだ。

*意見出し合う

 それを読んだ児童たちは「デーリー東北の記者は被災者に何が役立つか考え、市民の生活を支えるライフラインに関する情報を伝えたかった」「朝日新聞の記者は多くの読者に怒りや悲しみを感じてほしいと思った」などと意見を出し合った。
 また、被災した石巻日日新聞(宮城県)が震災の翌日に出した手書きの新聞を見せ、「これを書いた記者はどんな気持ち」と尋ねると、児童は「何としても情報を伝えたいと思っていた」と答えた。
 宮城県気仙沼市の避難所で、小中学生が「電気ふっ活」と手書きした壁新聞「ファイト新聞」には「うれしいと思うことを知らせて、ほかの人もうれしくさせたかった」などの感想があった。終了後、酒井裕梨さん(11)は「新聞には記者や取材された人の気持ちがこもっているから、ちゃんと読んでいきたい」と話した。

*「見方変わる」

 青山教諭は「情報の意味や取材する側の思いを知ってほしかった。子どもたちの新聞の見方が変わると思う」と語った。
 授業に続き教師らが参加した研究討議では「記者の立場に立って組み立てた授業は、子どもが情報発信するようになったときに役立つ」などの声が出た。
(武藤理司)

*函水高*卒業記念に新聞製作*山本教諭*教務便りに記事掲載

山本かおり教諭

山本かおり教諭

 函館水産高校の山本教諭の演題は「NIEで学校に風を起こす~国語、生徒指導部便り、教務便りなどでの実践~」。2006年度以降、3年生を担当すると、現代文の授業でB4判1枚の「卒業記念新聞」を作らせている。テーマは乗船実習や地元の漁業、自分の趣味などさまざま。「好きなテーマならいくらでも書ける」と自信をつけた生徒もいる。
 07~09年度は毎週、全校生徒に配る「生徒指導部便り」にいじめに関する新聞記事などを掲載。10年度からは同じく「教務便り」で記事を活用し、学習意欲の向上を図った。生徒からは「新聞に親しみが増した」などの声が寄せられている。
 山本教諭は「新聞は生きた教材。生徒の鋭い感受性を揺さぶる風を起こす力がある」と指摘する。助言者の宮城孝治共同通信編集局次長は「生徒に自信をつけさせるためのNIE活動は素晴らしい」と評価した。

ページ上部へ