NIEについて
NIEの世界へようこそ

NIEアドバイザー

adviser

日本新聞協会は2004年4月から、各地のNIE推進協議会からの推薦に基づき、NIEの実務経験豊かな現役の教師(地域の事情に応じ教員経験者、生涯学習の関係者も含む)をNIEアドバイザーに認定しています。アドバイザーは各地のNIE推進協議会の活動に積極的に参加してNIEの普及に努めているほか、全国レベルでも新聞協会の諸活動に協力してNIE活動の質を高める活動をしています。

 

  • 札幌市立屯田北小学校 朝倉 一民
    閉じる

    札幌市立屯田北小学校

    札幌市北区屯田9条3丁目4-1

    TEL.011-776-3631

    朝倉 一民

    朝倉一民(あさくら・かずひと)

     1972年生まれ。社会科、理科、道徳など各教科のほか、朝の会での新聞記事紹介や家庭学習での新聞スクラップなど多彩な新聞活用を実践、指導してきた。情報通信技術(ICT)の活用にも取り組む。著書に「子ども熱中!小学社会『アクティブ・ラーニング』授業モデル」(明治図書)

  • 浜中町教育委員会 渥美 清孝
    閉じる

    浜中町教育委員会

    浜中町霧多布西3条1丁目47

    TEL.0153-62-2488

    渥美 清孝

    渥美清孝(あつみ・きよたか)

     1970年生まれ。修学旅行を題材にしたり、自校の良さをまとめ発表し合う新聞作りや、5W1Hを意識させた取材、執筆を指導してきた。新聞の写真を導入に使った授業など児童が親しみやすい実践に取り組む。道東でのNIEセミナーで公開授業や実践発表の経験も豊富。

  • 本別町立勇足小学校 池田 圭子
    閉じる

    本別町立勇足小学校

    本別町勇足150-1

    TEL.0156-23-2034

    池田 圭子

    池田圭子(いけだ・けいこ)

     1970年生まれ。北海道十勝新聞教育研究会に所属し、学校での体験をA6判程度にまとめる「はがき新聞」作りや地域の話題を取材し載せた学級新聞作りを長年指導している。また新聞が多様な価値観に触れられる点に注目し、道徳の授業にも取り入れてきた。

  • 安平町立早来小学校 冨樫 忠浩
    閉じる

    安平町立早来小学校

    北海道勇払郡安平町早来大町159番地

    TEL.0145-22-2031

    冨樫 忠浩

    冨樫忠浩(とがし・ただひろ)

     1974年生まれ。作文が苦手な子供をどう指導するかに取り組み、新聞への作文の投稿を実践してきた。また記事から文を引用し、考えや学んだことを書く「引用作文」も指導してきた。日本言語技術教育学会理事。「『鍛える国語教室』研究会」のメンバー。

  • 別海町立野付中学校 飯田 雄士
    閉じる

    別海町立野付中学校

    北海道野付郡別海町尾岱沼潮見町203

    TEL.0153-86-2019

    飯田 雄士

     1964年生まれ。国語担当。子どもたちに自信を付けさせようと、長年、壁新聞作りを指導してきた。2009年度、学級担任として指導した標津町立標津中3年生が全道コンクールで大賞を獲得。「総合的な学習」の時間で記事の読み比べにも取り組んだほか、地域社会と学びをつなぐ教育活動を重ねてきた。

  • 函館市立亀田中学校 川端 裕介
    閉じる

    函館市立亀田中学校

    北海道函館市美原3丁目30番3号

    TEL.0138-46-3005

    川端 裕介

    川端裕介(かわばた・ゆうすけ)

     1981年生まれ。担当は社会。歴史や公民の授業で記事を使った学習に取り組み、見出しと前文を比較させ情報を読み取る力を付ける指導をしてきた。また学級活動や授業でA6判程度の「はがき新聞」作りを指導。このほか学級通信を新聞形式で作り、コンクールで全国一になった経験もある。

  • 美瑛町立美馬牛中学校 佐藤 雅輝
    閉じる

    美瑛町立美馬牛中学校

    北海道上川郡美瑛町美馬牛北3−7−1

    TEL.0166-95-2129

    佐藤 雅輝

     1970年生まれ。社会担当。地元に関する新聞記事のスクラップ活動を指導し、過疎地域を学ぶ社会の授業で活用した。道北小中学生スクラップコンクールや新聞投稿欄への応募にも力を入れてきた。さらに新聞のカラー写真などを指でちぎって台紙に貼って描く「新聞ちぎり絵」といったユニークな活動も実践した。

  • 小樽市立北陵中学校 高橋 恒雄
    閉じる

    小樽市立北陵中学校

    北海道小樽市清水町5

    TEL.0134-24-5500

    高橋 恒雄

    高橋恒雄(たかはし・つねお)

     1968年生まれ。担当教科は社会科。生徒が作った川柳や書いた作文を新聞へ投稿する指導に取り組んできた。また日本新聞協会主催「HAPPY NEWS」に学校ぐるみでの参加を指導した経験もある。NIEセミナーや研修会でもさまざまな実践やアイデアを発表した。

  • 浦河町立荻伏中学校 盛永 美樹
    閉じる

    浦河町立荻伏中学校

    浦河町荻伏町527

    TEL.0146-25-2206

    盛永 美樹

    盛永美樹(もりなが・みき)

     1967年生まれ。社会科担当。記事を「生きた資料」と考え、新聞を活用した社会科の授業における1分間スピーチ、学校祭へ向けた壁新聞作り、新聞の子供向け投稿欄掲載作品などを使った道徳の授業など多彩な実践を重ねてきた。NIEセミナーでの発表経験も多い。

  • 北海道札幌南高等学校 志田 淳哉
    閉じる

    北海道札幌南高等学校

    札幌市中央区南18条西6丁目1番1号

    TEL.011-521-2311

    志田 淳哉

    志田淳哉(しだ・じゅんや)

     1971年生まれ。地歴科、公民科を担当。被爆地・広島を訪問する見学旅行で、事前学習や壁新聞作成などを通じ生徒の思考力、表現力を高める指導に当たった。このほか授業の導入に新聞コラムを使ったり、主権者教育でも新聞記事を活用するなどの実践に取り組む。

  • 札幌市立札幌旭丘高等学校 高瀬 敏樹
    閉じる

    札幌市立札幌旭丘高等学校

    札幌市中央区旭ヶ丘6丁目5-18

    TEL.011-561-1221

    高瀬 敏樹

    高瀬敏樹(たかせ・としき)

     1960年生まれ。情報科を担当し、新聞を活用したメディア・リテラシー教育を実践。新聞記事データベースの活用など情報通信技術(ICT)利用と、新聞紙面の授業活用を融合する取り組みに力を入れる。同校新聞局顧問。日本新聞協会の「新聞活用の工夫 提案―NIEガイドブック高校編」を執筆。

ページ上部へ